真のドライオーガズムとは何か?

ドライオーガズムがあります。
性についての性的興奮の高さは「オルガズム」と呼ばれるけれども、その男の射精を伴うこれらの間にないオルガズムを意味しています。
一方では、射精によって伴われていて、すなわち通常のオルガズムは「ウェットオルガズム」と呼ばれます。
通常の性において、何度もオルガズムに達することができて、十分な長い間、女性が続く時に、敏感さが一般にその男性より高いと伝えています。
射精の時間がその男の場合に最も楽しい感覚を経験することができるという意味において、またその瞬間にすぎません。
しかし、楽しい感覚が射精なしで経験豊かであるかもしれず、感情が、非常によいといわれている時に、そのドライオーガズムは合致しています。
敏感さの力はすべて10回過ぎていて、ウェットオルガズムとして100回、言いました。
おとなの男のドライオーガズムにおいて生殖機能障害などの重大なケースによる物もあります。
例えば、生殖機能障害は前立腺(射精神経の異常)の糖尿病と障害とともにある、同情的なものの障害のために、精液が膀胱に後方に流れる時に、奮い立つなどします。
これは逆行性射精と呼ばれます。
性の時に時々障害が出るので、それ意志は医師を参照するべきです。
ケンの一般的な人の場合に、しばしば前立腺の刺激によって引き起こされたものにあります。
また、時々また会陰部の刺激によって導きます。
ドライオーガズムになる時に、陰茎に加えて広いエリアは性感帯になり、非常に快適であるそうです。
なんとかしてドライオーガズムに拡張するために新しい楽しい感覚を経験することを試みてほしい事実であるならば、性感帯とすべての意志を調べることを試みます?

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。