ドライオーガズムに達しやすくなる理由

ドライオーガズムは、前立腺を刺激することにおいて達成されることができるけれども、さらに、エネジーオーガズムと結合することにおいて、達成見込みはより多く上がります。
エネジーオーガズムは、PCライン(肛門から、尿道の近くで骨盤底ラインに達する筋肉)から、息を吸い込むイメージをすることにおいて達するオルガズムです。
想像に加えて先端と口で実際呼吸をします。
先端から吸う時にPCラインを緩めて、エネルギーは、流れるイメージを今回のPCラインを通して引き入れます。
そして、吐く時にPCラインを締めます。
呼吸は腹式呼吸でなければなりません。
これにおいて科学的根拠があります。
オルガズムについては、上機嫌は得られて、今回楽しい感覚素材である脳の中のモルヒネは分泌されます。
ものにおいて、腹式呼吸はベータエンドルフィンの中で分泌物量を増大させます。
また、ベータエンドルフィンが脳の活動によって出ると気付き、また、来て、気持ちよい物を想像している時に出ます。
エネルギーはその中でPCラインからの流れイメージです。
それをそれにするテクニックは、他のドライオーガズムを達成しやすく、すぎて、脳の中でモルヒネを出しています。
陰茎に乾燥の前に斬新な物質的な機能を読むために射精によって伴われているオルガズムと等しい刺激を与える等しいはの有効な方法であり、使われます。
現状どおり、これらが乾燥との関係であると思うことができます。
しかし、脳を刺激し、楽しい感覚素材を出しています。
女性にとって前戯のようです。
これらの模倣前戯をし、さらに、委任されるように、イメージをし、前立腺を刺激し続けます。
そうであることにおいて、オルガズムに達します。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。